ホーム > 各部門のご紹介 > デイケアセンター

各部門のご紹介

デイケアセンター

デイケアとは

昼間通所治療といい、昼間の一定時間をプログラムに沿って楽しみながら仲間やスタッフとともに、

 

  • 「リズムのある安定した生活づくり」
  • 「仲間づくりの中で主体性と協調性を養う」
  • 「社会復帰のための体力と作業能力の向上」

 

を目標に、社会復帰・社会参加を目指しています。

対象となるのは

  • ・家から出て何かをしたい
  • ・人とうまく付き合いたい、友達が欲しい
  • ・自信をつけたい、仕事に就きたい

このような方で、一人で通所できる方です。

 

「デイケア」と「ショートケア」について

1日(概ね6時間)参加する「デイケア」と、午前中もしくは午後の半日(概ね3時間)参加する「ショートケア」の両方を実施しています。主治医やデイケアのスタッフと相談の上、どちらかで通所するのかを決めて通所していただくことになります。

 

スタッフについて精神科医師、看護師、作業療法士、ソーシャルワーカー、心理士などが担当しています。

このページのトップヘ

デイケアセンタープログラム

通所期間原則として6ヵ月としますが、必要に応じて延長します。

 

通所日・時間通所日: 平日の5日間(祝日及び年末年始を除く)
時   間:  午前9時30分から午後3時30分まで

       ⇒「デイケア」      午前9時半から午後3時30分まで

       ⇒「ショートケア」  午前9時30分から午後12時30分まで

             もしくは  午後12時30分から3時30分まで

 

費用デイケアに要する費用
再診料と精神科デイケア料もしくは精神科ショートケア料が毎回必要ですが、各種健康保険が適用されます。
自立支援医療費(精神通院)支援制度を併用されますと自己負担が軽減されます。
(詳しくは、医事会計窓口またはデイケアセンターまでご相談ください)

 

活動に要する費用
材料費、レクリエーション活動、社会見学などに要する費用は一部自己負担になることがあります。

 

交通費
通所に要する交通費は原則自己負担です。

 

昼食
デイケアで参加された方に昼食をご用意しております。
⇒「デイケア」には昼食が含まれています。

 

通所のご相談主治医か住所地の保健所、市役所にご相談ください。
枚方市役所については、こちらになります(市障害福祉室)
詳しくは、デイケアセンターまで問い合わせてください。

 

内容週間プログラム
農園芸、パソコン、陶芸、料理、SST(社会生活技能訓練)、リラクゼーション、心理教育、音楽、スポーツなど

 

  

 

 

 

 

AM

 9:30~10:00 ミーティング 

 ※リラクゼーション

 暮らしの知識 

10:20~11:20

 全体ミーティング

 カラオケ

 心理教育

 

 ②④※書道

①③⑤芸術

 ※音楽

※陶芸

 

 

 農園芸 

 農園芸

9:45~10:30

 農園芸

 農園芸

 農園芸

 創作/パソコン

 創作/パソコン

 創作/パソコン

 創作/パソコン

 創作/パソコン

PM

 13:00~ ミーティング 

 社会生活技能訓練

(SST)

 料理

 女子会/地域探検

隔週

 

※スポーツ

(屋内)

 

 

月曜ディスカッション

(GD)

 

①③※アートフラワー

 


ボディワーク

認知機能トレーニング  
②④のらりくらり おしゃべり  

 創作/パソコン 

 創作/パソコン

 創作/パソコン

 創作/パソコン

 創作/パソコン

◎   ①・・・1週目、②・・・2週目、③・・・3週目、④・・・4週目、⑤・・・5週目 

◎   社会見学や院外レクは必要に応じて設定します。
◎   ※印の付いているプログラムは講師の先生が来てくれるものです。

◎   SST、料理は登録制です。

◎   第2(火) 11:00~11:30 管理栄養士による『食事バランス講座』が行われます。

◎   都合によりプログラムは変更することがあります。

 

月間・年間プログラム
社会見学、宿泊活動、季節に応じた行事、デイケア祭りなど

このページのトップヘ