ホーム > 病院概要 > 患者の権利・義務に関する宣言

病院概要

患者の権利・義務に関する宣言

  大阪精神医療センターは、医療行為が患者さんと医療関係者との信頼関係の上に成り立つものであり、医療の中心はあくまで患者さんであることを深く認識し、一人ひとりの患者さんに以下の権利があることを改めて確認するとともに、これを尊重します。加えて、効果的な治療等を行うにあたり、守っていただきたい義務についても定め、「患者の権利・義務に関する宣言」として、ここに制定します。

 

1. だれでも、どのような病気にかかった場合でも、良質で安全な医療を公平に受ける権利があります。
 
 
 
2. だれもが、一人の人間として大切にあつかわれ、医療関係者と相互に協力しながら医療を受ける権利があります。
 
 
 
3. 自分自身の病気のことや、自分が受ける治療や検査などについて、理解しやすい言葉や方法で、よくわかるまで十分な説明を受ける権利があります。
 
 
 
4. 自分の受ける治療や検査などについて、自分の意思で選択し、決定する権利があります。
   但し、精神保健福祉法の規定に従った治療を行う場合があります。
 
 
 
5. 自分が受けている医療について知る権利があります。
 
 
 
6. 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での療養生活を他人にさらされず、乱されない権利があります。
 
 
 
7. 患者さんは、医師をはじめとする医療関係者に対し、自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する義務があります。
 
 
 
8. すべての患者さんが、適切な医療を受けられるようにするため、他の患者さんの治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する義務があります。
 
 
 
 
※ この「大阪精神医療センター患者の権利・義務に関する宣言」は、平成12年度に制定しました
   「大阪府立精神医療センター権利に関する宣言」の内容を包含しております。
※ 当センターでは、これらの権利を守るため人権委員会を設置しております。
この「患者の権利・義務に関する宣言」に関して、お気付きの点がございましたら、事務局人事グループまでお申し出ください。
 

                                          2014(平成26)年5月26日 大阪府立精神医療センター