ホーム > 病院概要 > 臨床における倫理指針

病院概要

臨床における倫理指針

臨床における倫理指針
 
1.       私たちは、患者の権利に関する世界医師会リスボン宣言及び医師の職業倫理指針を遵守し、
 
当センターの患者の権利・義務に関する宣言を尊重するとともに、以下の精神医療関連する法律に則り、
  
診療にあたります。
 

                  精神医療に関連する法律

                 ①    精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 

                 ②    心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律

                 ③    児童福祉法

 

2.       私たちは、終末期医療、脳死判定、臓器移植、宗教上の理由による輸血拒否等

 については、それぞれ関係法規、ガイドラインに準拠して、診療にあたります。
 
 
 
3.       私たちは、医療行為の倫理的妥当性が問題になったときは、院内人権委員会において、
      
        審議し方針を定め、運営会議において決定します。
 
 
 
 
                                         2014(平成26)年5月26日 大阪府立精神医療センター
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 
※参考
 
◇患者の権利に関する世界医師会リスボン宣言
(1981年、第34回世界医師会総会で採択) (http://www.med.or.jp/wma/lisbon.html
 
 
◇医師の職業倫理指針
(平成20年6月改訂、日本医師会) (http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20080910_1.pdf
 
 
◇終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン(平成19年5月、厚生労働省)          
                    (www.mhlw.go.jp/shingi/2007/05/dl/s0521-11a.pdf
 
 
◇(社)日本臓器移植ネットワーク法的脳死判定マニュアル
 
 
◇臓器の移植に関する法律、(平成11年改正、法律第160号)、
臓器の移植に関する法律施行規則 等
 
 
◇宗教的輸血拒否に関するガイドライン(平成20年2月28日、
日本輸血・細胞治療学会等宗教的輸血拒否に関する合同委員会報告)(http://www.jstmct.or.jp/jstmct/Document/Guideline/Ref13-1.pdf