ホーム > 精神科後期レジデント募集 > 募集要項

大阪府立精神医療センター 私たちと一緒に働きませんか?精神科後期レジデント募集

募集要項

私たちが求める「未来の精神医学を拓く」専攻医像

 アドミッションポリシー

 

 大阪精神医療センターの精神科専門医研修プログラムは、精神医学を臨床医学、基礎医学、社会医学などの多様な側面から包括的に理解し、実践できるとこが精神科専門医の使命であると考え、これからの時代の変化に対応しながら「未来の精神医学を拓く」ことに挑戦する専攻医を求めています。

 

 精神医学は臨床医学の一分野にすぎませんが、対象は小児から高齢者まで幅広く、また急性期から慢性期まで長期間にわたる関わりを必要とする医学分野です。

 治療は表面上に現れる精神症状を改善させれば済むというものではなく、精神症状を出現させる原因となった脳のメカニズムを探索する基礎医学的アプローチや、その人の暮らしや心の葛藤にも目を向け、言葉にならない心の声に耳を傾ける心理学的アプローチも必要となります。そのため精神医療では、生命科学としての医学の知識だけでなく、脳医学、心理学、社会科学、社会福祉、教育学、情報科学など様々な学問領域の知識・技術と、それらを活用する能力(コンピテンシー)が必要となり、おのずと多様な専門職スタッフとチームを構成して医療を実践する場面が多くなります。

 それ故、精神科医には、人に対する深い共感性と洞察力、そして心の病を持つ人とその家族に「寄り添う温かさ」が不可欠です。さらに多職種の専門スタッフを尊重し、協働しながら心の病からの回復(リカバリー)に取り組んでゆく指導力と包容力、高い倫理観が求められます。

 

 また精神医学の進歩と発展に寄与することも専門医の大切な役割です。直接見ることができず、また数字にすることも難しい人の心のメカニズムを解き明かし、様々な精神疾患の病態を解明するための研究や、新しい診断法・治療法の開発のために不断の努力が求められます。このような医学研究の遂行には、心理を追求しようとする科学者としての情熱と忍耐力が必要です。

 そして、研究や臨床実践の末に私たちがたどり着いた新しい知見と臨床技術を、ひとりの心の病をもつ人だけでなく、同じ苦しみを抱える多くの人たちの治療・支援に活かすための活動を起こすことも、私たち専門医の果たすべき責務です。そのために今日の地域精神医療が抱える諸問題や、我が国の精神保健福祉行政が今後担う役割は何なのか等、社会医学領域の課題を理解し解決する力も獲得しなくてはなりません。広く市民のメンタルヘルスの向上に資する取組に関与できる秀てた社会性と行政能力、幅広い国際性も、これからの精神医学には必要なのです。

 

 これらを踏まえ、私たちは幅広い精神医学の臨床力を習得することに加えて、医学研究や医療行政にも関与できる、いわば"精神医学の総合医"を育成する専門医研修プログラムを計画しました。医学は高度に進歩したとはいえ、精神医学の分野には解明されていないことがまだまだあります。私たちは神秘的で謎に満ちた「脳と心(精神)」に深い興味を持ち、精神疾患を持つ人の回復に真摯に取り組む高い志と豊かな感性、柔軟な思考力、そして温かな心をもった専攻医と共に、この研修プログラムを進めていきたいと願っています。

 

 これからの時代を生きる精神科医である「あなたの」未来を拓く専門医研修を通じて、どうぞ「あなたが」精神医学の新しい未来を開いてください。

 

 1.大阪精神医療センターについて

 

                    最前線の臨床現場で、最先端の精神医療を

 

 当センターは大阪府の精神医療のセンター機能を担う病院です。
 1926年(大正15年)に開院し、90年にわたり大阪で精神医療の中心的役割を果たしてきました。児童・思春期から成人にいたるまで、急性期治療からリハビリテーションまで、アウトリーチ活動による地域生活支援や危機介入、さらには、精神科救急(スーパー救急)・措置入院・医療観察法(入院および通院)まで、トータルな精神科の臨床能力を身につけることができます。
 現在、常勤医は36人(常勤医29人、後期レジデント7人)で、若手~中堅~ベテランの年齢構成のバランスもよく、出身大学も様々で、生き生きと臨床・研究をしています。看護師をはじめ専門職スタッフ(精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士、薬剤師など)も充実しており、非常に風通しのよい職場です。
 

 当院は①精神科救急、②司法精神医学、③児童思春期精神医学、④精神科リハビリテーション・地域支援の4つを重点臨床課題と位置づけ、これらを中心に様々な精神疾患に対応できるように入院・外来医療の体制を整えています。

 さらに、デイケアセンター・作業療法センター・在宅医療室(訪問看護部門)を有 し、地域に開かれた精神科医療を目指しています。さらに保健所、保護観察所、子ども家庭センター、教育機関、様々な精神障害者社会復帰施設などと連携し、 あらゆるこころの問題に対する治療と支援を実践している精神科医療機関です。

 

2.精神科専門医研修の特徴

 

                   精神科専門医に必要な5つのコア・コンピテンシー

 

1)人中心の精神医療:本人・家族の思いを受容し、協働して医療を行えること

2)包括的統合的アプローチ:急性期から慢性期まで、予防から社会復帰まで見通したアプローチができること

3)多職種・多機関連携による医療:多職種協働のチーム医療や関係機関との連携をマネジメントできること

4)公益に資する職業規範:高い倫理観を持つ職業人として、自己研鑽に努め、研究や教育にも寄与できること

5)多様な場での実践力:病院、研究機関、行政機関、司法・教育現場など、精神科医として多様な場面で活躍できること

 

これらのコア・コンピテンシーを獲得するために、専攻医の皆さんを3つの体制でサポートします。

 

   

 

1) 屋根瓦方式

 “Teaching is learning twice”(教えることは二度学ぶこと)と言われるように、自らが学んだことを後進に教えることによって、さらに学習効果がアップします。

 当センターでは、日々の病棟業務や当直、毎週のケースカンファレンスなどにおいて、レジデント~若手医師~中堅・上級医という体制の中で、お互いが教えあう研修スタイルをとっています。

 

2) チュートリアル教育 

 先輩医師から医学知識や実践知を教わることはもちろん大切なことですが、臨床上の疑問を解決するために、自分の力で調べ、答えを見出す力をつけることはもっと大切です。一方で、精神医学はひとりで全てを学びきることは出来ないほど、広大で深遠な学問分野でもあります。そこで若手医師でチームを構成し、能動的にグループ学習を進めるチュートリアル教育(Team based Learning)を行っています。

 「知識は分け合えば増える」という言葉があるように、仲間同士の相互学習によって、個人で学び得る何倍もの知識や技術を習得してください。

 

3) メンターシップ 

 精神医学の知識と技術を獲得したら、一人前の精神科医になれるというものではありません。様々な心の問題をもつ人にしっかり向かい合えるようになるためには、医師として、社会人として、成長し続けることが求められます。

 そこで当センターではレジデントひとりひとりに“よろず相談役(メンター)”となる先輩医師を付け、研修期間中のあらゆる相談を受ける体制をとっています。

 

 

                   精神科専門医研修プログラムはこちら

このページのトップヘ


募集要項詳細

研修年限原則として、3年間の臨床研修です。

 (ただしそれまでのキャリアパスに応じて1年間単位での研修のご相談にも応じます。)

 

募集人員約5名

 

応募資格医師免許を有し、下記のいずれかを満たす者

  1. 1.医学部卒業後2年間の初期臨床研修を修了している者、または平成29年3月に修了する見込みの者
  2. 2.医学部卒業後、精神科以外の診療科での臨床経験があり、これから精神科で勤務することを希望する者

 

出願手続(1)提出書類
一式を持参又は簡易書留にて郵送してください。
① 精神科専門医研修申込書(こちらから様式をダウンロード)
② 履歴書(写真添付)(こちらから様式をダウンロード)
③ 医師免許書(写)
④ 保険医登録票(写)
⑤ 大学卒業証書(写)または卒業証明書
                        ※提出書類はお返しできませんので予めご了承下さい。

 

(2)提出先
大阪精神医療センター 事務局 総務人事グループ 精神科専攻医担当あて
〒573-0022 大阪府枚方市宮之阪3丁目-16-21
            TEL: 072-847-3261  FAX: 072-840-6206

 

(3)提出期限
一次募集: 平成28年9月23日(金)
二次募集: 平成28年11月25日(金)
                (但し、一次募集で募集人数に達した場合は、二次募集は行わないのでご注意ください)

 

 

選考方法書類審査および面接などによって選考します。

選考日時については、応募者に個別に連絡します。

 

採用予定日平成29年4月1日

 

身分地方独立行政法人 大阪府立病院機構 非常勤嘱託員として採用します。 

待遇給与は地方独立法人大阪府立病院機構の規定によって支給します。

  • 給与月額:  卒後3年目;320,000円 卒後4年目;345,000円 卒後5年目以上;370,000円

          (この他に時間外勤務手当、当直勤務手当、通勤手当などを支給します)

学会出張費の支給;年2回程度
その他、海外先進事例視察研修制度の利用機会が与えられる場合があります。

 

勤務当院の研修項目および研修方法に則って、入院および外来患者の診療等に従事します。
勤務は週5日(午前9:00~午後5:30)で、日当直回数は月3~4回程度です。

なお当直は精神保健指定医を持つ上級医との2人体制で行います。

 

当院の臨床研修連携施設専門医研修プログラムは、大阪精神医療センターにて3年間ストレート研修を受けるコースと、

4つの連携施設のいくつかをローテーションして研修を受けるコースから選択できます。

 (詳細は専門医研修プログラムをご参照ください)

 

【基幹研修施設】

           

 

【連携研修施設】

    

   

   

 

 

 

専門医研修終了時の目標と進路

専門医研修を通じて、精神保健指定の取得と、精神科専門医の取得を目指します。

研修終了後は、当センターの常勤医師として積極的に採用しています。

 

お問合せ先・見学申込先

・精神科専門医研修の内容や応募に関する問い合わせは、下記の担当者までEメール又はFAXでお願いいたします。

・病院の見学や、臨床業務体験実習(エクスターンシップ)も随時受け付けております。下記担当者までEメールでお申し込みください。

 

大阪精神医療センター 医局:岩田 和彦 (医務局長)

 メールアドレス: iwatak@opho.jp

 FAX: 072-840-6206

 

              精神科専門医研修プログラムはこちら

このページのトップヘ


大阪府病院機構職員募集サイトへ