ホーム > 治療を受けられる方へ > 医療観察法病棟

治療を受けられる方へ

医療観察法病棟

大阪精神医療センター医療観察法病棟について

医療観察法とは 「医療観察法」の正式名称は、「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」です。この法律は、心神喪失又は心神耗弱の状態で重大な他害行為を行った者を対象として、社会復帰を継続的に支援・促進することを目的としています。

 

対象者となる人は

この専門病棟に入院となるのは、重大な他害行為を行ったが、精神障害のために心神喪失等(責任を問えない状態)と判断された人で、裁判官と精神科医(精神保健審判員)による審判によって、入院による専門的な医療が必要と判断された方です。

 

当センターの役割は

当センターは国により指定を受けた指定入院医療機関であり、その目的は、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者に対し、「継続的かつ適切な医療並びにその確保のために必要な観察及び指導を行うことによって、その病状の改善及びそれに伴う同様の行為の再発の防止を図り、もってその社会復帰を促進すること」(医療観察法第1条)にあります。

(1)当センターは、大阪府、枚方市、近畿厚生局や大阪保護観察所などとの連携により総合的で専門的な医療サービスを提供し、入院対象者の社会復帰を支援します。

(2)当センターは、多職種の医療チームによる、医療制度と医療技術と人の心のバランスに根ざした、患者さまの病状に応じた、手厚い精神科医療を目指しています。

(3)当センターは、個人情報やプライバシーの保護に配慮しながら地域や自治体と情報を共有し、地域に開かれた医療を目指します。

 

このような目的を実現するため、適正な医療の提供、地域との連携体制等について各種会議を設定しております。

 

医療観察法に関するお問い合わせについて

 医療観察法に関するご意見等につきましては、代表番号(072-847-3261)から事務局マネージャーまでお寄せください。


案件名称:
大阪府立精神医療センター医療観察法外部評価会議設置規程 PDFファイル(120KB)
大阪府立精神医療センター医療観察法地域連絡会議設置規程 PDFファイル(148KB)
大阪府立精神医療センター医療観察法倫理会議設置規程 PDFファイル(133KB)
法務省ホームページ 

 

  PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
  Adobe Readerをお持ちでない方は、左のアイコンよりダウンロードしてください。

このページのトップヘ