ホーム > その他 > 患者さまへ

その他

患者さまへ

精神病とは

 
こころの病について
 
こころの病は、目に見えない病気ですので理解が難しい面もありますが、ストレスの多い現代社会においては多くの方がこころの病を抱えておられます。
 まだまだ分かっていないことも多い疾患ですが、医学の進歩によって、人の脳の機能が次第に解明されるにつれ、いくつかのここの病のメカニズムが少しずつ明らかになってきました。
 こころの病は決して特別な人だけが罹る病気ではなく、私たちは誰でもなる可能性がある身近な病気です。また病気の症状だけでなく、そこから派生して生活上の困難さを生じることがしばしばありますので、こころの病の回復には、医療だけでなく周囲の理解や支援がとても重要になるのです。
ここでは代表的なこころの病について解説します。
 
 
「統合失調症」とは
 
統合失調症とは、脳の機能の異常に伴って思考や感情、知覚などに障がいが生じ、自分の考えや気持ちをその時、その場にあわせてコントロールしたり、まとまった行動を行うことが難しくなる心の病で、精神科医療機関で治療を行う代表的な精神疾患のひとつです。
原因はまだはっきり分かっていませんが、脳内で情報を伝える神経伝達物質という化学物質のバランスがくずれることが関係しているのではないかといわれています。その他にもストレスや様々な要因が関与して発病すると考えられています。
厚生労働省患者調査(平成20年)では約80万人の方が統合失調症治療のために精神科医療機関で外来診療を受けていると報告されています。また一般に統合失調症にかかる確率は100120人に1人くらいであると言われており、決して特殊な病気ではありません。
思春期から30歳代半ばくらいの比較的若い年齢層の方に発症するのことが多いのもこの病気のひとつの特徴です。
 
 
<統合失調症の症状>
 
統合失調症の症状は主に「陽性症状」「陰性症状」「認知障害」の3つに分けられます。しかし、以下に記す多彩な症状がすべて認められるわけではなく、どの症状が現れるかには個人差があります。
(陽性症状)
  実際には聞こえない声が聞こえる(幻聴)という症状や、事実ではないことを考えそれを信じてしまう(妄想)などの症状が現れることがあります。数人が会話している声が聞こえたり、自分のことが噂されているように感じたりする人もいます。また周囲が自分を責めていると考え込んでしまうこともあります。
 
(陰性症状)
  物事に対して無関心になったり、意欲がなくなったりします。また、生き生きした感情が湧かず、以前は楽しめたことでも楽しく感じにくくなり、とても疲れやすくなります。その結果、外に出ることがつらくなり、引きこもりがちになることもあります。
 
(認知障害)
  注意力が低下し、物事に集中し続けることが難しくなります。記憶力の低下を感じる場合もあります。生活の計画を立てることが困難になったり、作業の能率が極端に落ちることも少なくありません。
 
 
<統合失調症の治療>
 
統合失調症の主要な治療は、向精神薬による薬物治療と精神科リハビリテーションです。
一般に急性期には薬物療法の薬による治療が基本になりますが、病気の時期や症状の程度によって、薬と精神科リハビリテーションのバランスよく組み合わせることが重要です。
(薬物療法)
  抗精神病薬と呼ばれる薬による治療が中心になります。この種類の薬は、脳内の神経伝達物質のアンバランスを改善する効果があり、これによって幻覚や妄想などの精神症状の改善が期待できます。その他にも、症状に合わせて、不安感や抑うつを和らげる薬、睡眠を助ける薬などが必要に応じて使われます。
  薬は改良が重ねられ、徐々に副作用が少なくなってきています。しかし効果が十分に現れるには時間がかかるので、一定期間は飲み続けることが必要です。さらに抗精神病薬には症状がまた悪くなるのを予防してくれる働きがあるので、調子がよくなった後もすぐには止めずに服薬を続けることが必要です。
 
(精神科リハビリテーション)
  精神科リハビリテーションとは、社会生活が安定して送れるようになることを目的として行われる治療・援助です。
自立生活のために必要な対人関係のストレスに上手に対処するスキルの獲得、持続力や集中力の向上、仕事に活かす技術の学習など、様々な目的に対応したリハビリテーションプログラムがあります。これらのプログラムを病院の場合でしたら病棟やデイケア、作業療法センター等のなかで行うことが多いです。
さらにリハビリテーションには、医師や看護師、PSW (精神保健福祉士)、作業療法士、心理士、薬剤師など多職種スタッフがリハビリテーションには関与しています。ですからこれらのスタッフと、いつからどのようなリハビリテーションを利用するのがよいかをよく相談することが大切です
 
 
 
 
「うつ病」とは
 
うつ病とは、「ゆううつで気分が晴れない」「何事にもやる気がでない」といった症状が1日中続き、気分の切り替えができない状態が一定期間以上続くこころの病です。種類としては、症状が長く続き、気分の沈みを繰り返す「大うつ病」、気分が上がる躁状態もある躁うつ病、冬場などの特定の時期になる「季節型うつ病」、女性が出産後に発症する「産後うつ病」などがあります。
1990年代後半では44万人程度だった患者数が、2008年には104万人と増加しており、一般的に女性に多いと言われています。若い世代だけでなく、40代~60代の中高年層も多く、社会的・経済的な影響が大きいと考えられています。
 
 
<うつ病の症状>
 
特徴的なこころの症状は、ゆううつになる、悲しくてしかたない、やる気が起こらない、集中力がなく作業が続けられない、好きだったことに興味や関心がなくなる、考えがまとまらない、どうしたらよいか分からず物事が決められない、などです。
うつ病が進むと自分を責める自責感が現れ「自分は生きている価値が無いのでは」と思い、自殺を考えることもあるので注意が必要となります。
その他、睡眠障害、食欲がない、体重が減る、体がだるい、疲れやすい、頭痛、腰痛、腹痛など体の痛みを訴える人も多いのも特徴です。
最終的には「気持ちがゆううつになる」「好きだったことへの興味や関心の低下」の両方またはどちらか一方が現れ、さらに、食欲の変化、睡眠障害、意欲がなくなり疲れやすい、集中力が続かず考えがまとまらない、自分のことを責める、生きていたくないという思い、不安で落ち着かない、という症状のうち34つ程度が2週間以上続き、他の身体疾患、精神疾患の可能性がないと判断された場合にはうつ病の可能性が高いと考えられます。
 
 
<うつ病の治療>
 
うつ病の一般的な治療は「休養」「薬物療法」「環境調整及び精神療法」の3つが柱となります。
(休 養)
休養はうつ病の方にとって、とても重要な治療です。「うつ」はこころのエネルギーが少なくなってしまった状態、車で言えばガソリンが減ってしまったような状態にたとえることができますので、それ以上はアクセルを踏まず、エネルギーの補給のためにゆっくりする時間を持つことが必要になります。これは決して怠けたり、サボったりしているわけではないので、周囲の方も、休養が治療上必要であることに理解してあげることが重要になります。
 
(薬物療法)
薬物療法は「抗うつ薬」という種類の薬による治療が中心になります。抗うつ薬にはSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)などの種類がある。また、不安症状の強い方には抗不安薬を、不眠が認められる方には睡眠導入剤なども併用します。
また、躁状態を経験したことがある人、つまり躁うつ病(双極性障害)と診断された場合には、気分安定薬と呼ばれる種類の薬が用いられます。
どの薬が効くかはひとりひとりで異なりますし、また同じ人でも病気がどの段階かによって効果が違ってきます。また抗うつ薬は、すぐに効果は現れず、効果が出るまでに23週間かかることが一般的ですので、処方された薬の、量と回数をきちんと守り、正しく飲み続けることが大切です。
 
(環境調整及び精神療法)
環境調整とは、うつ状態を起こす原因や環境要因がはっきりしている場合、それを取り除くよう試みることです。職場を例にあげれば、業務量が過剰だったり、上司や同僚との人間関係に悩んでいたりする場合には、仕事内容や配置を代えてみることを職場で検討して頂きます。
  精神療法には様々な方法がありますが、最近は、「認知行動療法」が注目されています。認知行動療法とは、ある出来事を経験した際の自分の気持ちや行動を振り返りながら、極端なものの考えをしていないかどうか、他の見方や解釈の仕方はないかを治療者と一緒に考え、心の安定を図っていく精神療法です。具体的には、生活上の出来事と、そのときの考え方のパターンや気分を記録し、他の解釈や考え方を検討し、それによってどのように自分の気分が変化するかをみていく、というような流れで治療が進められます。
 
 
<再発防止・早期発見の方法>
 
うつ病も再発を繰り返すことのある病気ですので、再発を防ぐための手立ては大切です。そのためには回復後もしばらくは通院や服薬を続けること、ストレスをためないよう十分に睡眠を確保し、ささやかでも何か趣味や楽しみを持つこと、などが有効です。
また早期に発見するために、もし「うつかな?」と心配になったら大きな病院だけでなく、まずはご近所のメンタルクリニックで治療をうけるのもよい方法ですし、お住まいの精神保健福祉センター、保健所、市町村役場で「こころの健康相談」があれば、それを利用してアドバイスをもらうのもよい方法です。
 

このページのトップヘ