ホーム > 各部門のご紹介 > 理念・目標・教育

各部門のご紹介

理念・目標・教育

理念・目標・教育

看護部の理念

大阪府の精神科基幹病院の看護師として、専門的知識・技術をもとに、こころのこもった質の高い看護を提供します。

 

平成30年度 看護部の目標

  • 1.病床利用率(87.7%)達成に向けて、さらなる部署間連携を行う
       
  • 2.専門職として身体合併症・依存症の方への看護実践能力を高める                                          
      
    3.診療情報システムを機に看護記録を充実させる
  •  
  • 4.個々が経営意識を持ち効率化を図る
  •  

教育体制のコンセプト

専門職業人としての精神科看護師を育成するために、新規採用者研修をはじめとして、卒後2年目の事例研究発表までに

段階的な指導・教育を行います。
そこで、精神科看護師として身につけておくべき実践レベルの獲得、患者さまとしっかり向き合う姿勢が培われます。
さらにSST研修や専門看護コース(救急・急性期看護、児童・思春期看護、精神科地域医療看護、司法精神看護)等を設け、

学びを深めています。
また、日々の看護を看護研究にまとめ院内発表を経て、院外の学会へ情報発信しています。
実習施設としても、多くの看護学生の実習や看護教員の研修を積極的に受け入れています。

 

ラダー別 各種研修関連図(201803改訂) (PDFファイル)

このページのトップヘ