ホーム > 各部門のご紹介 > 作業療法センター

各部門のご紹介

作業療法とは

 リハビリテーションのひとつです。作業療法では、私たちが普段の暮らしの中で行っている動作や遊び、仕事など生活の全般にわたるさまざまな活動を「作業」と呼び、これらの作業を用いて病気からの回復を促し、その人らしくより良い生活が送れるよう援助しています。

 精神科の作業療法は、主に以下のことを目的にしています。

 

こころとからだの健康の回復

  ・不安を和らげる

  ・自信をつける

  ・生活のリズムを整える

  ・体力や集中力を回復する

 

人とうまく付き合うために

  ・人のいる場に慣れる

  ・活動を介して人と交流する

  ・自分の気持ちを表現する

  ・仲間を作る

 

自分らしい生活のために

  ・生活に必要な技能を身につける

  ・気分転換の方法や趣味を見つける

  ・得意なこと、苦手なことへの理解を深める

  ・病気についての理解を深める

 

このような方のために

  ・からだを動かしたい

  ・気持を落ち着けたい

  ・やる気を出したい

  ・話し相手が欲しい

  ・有意義な時間を過ごしたい

このページのトップヘ

作業療法センタープログラム

 実施日 : 月曜日~金曜日(祝日及び年末年始を除く)
 時   間  :  午前9時30分~11時30分
               午後1時~3時(プログラムによって若干異なることがあります)

 

費用 作業療法を受けるには費用がかかります。
 各種保険・生活保護法・自立支援医療制度等が適用されますので、人により自己負担額は変わります。
  (詳しくは、医事会計窓口でご相談ください)

 

利用のご相談 作業療法を利用するには医師の指示が必要です。また、当センターに通院されている方が対象になります。
 興味のある方は主治医にご相談ください。

 

プログラム内容 午前と午後で週間スケジュールが組まれています。参加するプログラムや回数については作業療法士と話し合って決めていきます。初めての方は、見学参加もできます。

 

 【週間プログラム】

     
  午前
9:30~
 11:00
 創作活動
 園芸
 ストレッチ
 創作活動
 運動プログラム
 創作活動
 体力作り
   プログラム
 創作活動
 園芸
 料理
 創作活動
 陶芸
 
  午後
1:00~
  3:00
 創作活動
 カラオケ
 創作活動
 絵画
 創作活動
 ストレッチ
 創作活動
 運動プログラム
 書道
 創作活動  

      ・プログラムは変更される可能性があります。

      ・この他に入院されている方を対象に、各病棟でプログラムを実施しています。

 

創作活動

  編み物、刺しゅう、革細工、ビーズ、ペーパークラフトなどいろいろな活動を一人ひとりの興味や能力に応じて行います。 「ものを作る楽しさを味わう」「集中力をつける」「人と関わる練習をする」「趣味を見つける」など、目的は人それぞれです。

 

陶芸

  一人ひとりの興味や能力に応じて専門の講師に教えてもらいながら、自由な作品づくりを行っています。かたちのないところからかたちを生み出していくのが醍醐味で、経験のない方も取り組めるようサポートします。

 

絵画・書道

  どちらも専門の講師が指導します。自分のイメージや気持ちを表現したり、ちょっとした緊張感のある中で集中する時間を持つと、メリハリのある生活につながります。同じ趣味を持つ仲間が集まっています。

 

料理

  献立を考えることから、買い物、調理、試食、後片付けまでを通し、グループで楽しみながら料理を学んでいます。電子レンジを使って簡単にできるメニューも取り入れています。

 

園芸

  院内の農園・温室で野菜や花を育てています。作った野菜をみんなで食べることもあります。他のメンバーと協力したり、役割分担をしながら、自然とのふれあいを楽しんでいます。

 

カラオケ

  自分の好きな歌を歌うプログラムです。歌が好きな人たちが集まって、みんなで楽しい時間を過ごしています。

 

運動プログラム

  院内の体育館で、火曜日はリズムダンスと軽スポーツ、木曜日は軽スポーツを中心に行っています。楽しみながらからだを動かすことでストレスを発散したり、スポーツを通じた人づきあいの輪が広がります。

 

ストレッチ

  マットの上で簡単な体操を行い、リラクゼーションを図るプログラムです。全身を伸ばして凝りがほぐれると、気持ちもほぐれてすっきりします。ストレスへの対処法にもなります。

 

体力作りプログラム

  体力をつけたい方を対象にしています。ストレッチ体操や体幹を鍛える筋トレをした後、ウォーキング用のストックを使いながら、院内の広場を歩きます。

このページのトップヘ