ホーム > 病院概要 > 院長あいさつ

病院概要

院長あいさつ

ごあいさつ

 当院は、大正15年に大阪府立中宮病院として開院しました。その後平成15年に大阪府立精神医療センターと改称、平成25年には現在の新病院にリニューアルされ、平成29年より「地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪精神医療センター」と名称変更しました。

 開院から90年以上の歴史を有する精神科医療機関であり、統合失調症、躁うつ病、児童思春期精神疾患、依存症(アルコール、薬物、ギャンブル等)、認知症をはじめとする老年期精神疾患など、様々なこころの病の治療・支援に取り組んでいます。また精神科救急医療、難治性精神疾患の治療、医療観察法入院、精神科リハビリテーション(デイケア・作業療法)や訪問看護によるアウトリーチ活動など、急性期から社会復帰まで切れ目のない精神医療を提供できる診療体制を有しています。

 さらに臨床研究の遂行や精神科専門スタッフの教育・研修を通じて、専門職の人材育成と医療水準の向上に貢献してまいります。

 これからも大阪府の基幹精神科病院としての役割を果たせるよう、そしてみなさまから当院で治療を受けてよかったと思っていただけるよう、信頼される質の高い精神医療の提供に向けて、職員一同日々努力を重ねて参りますので、一層のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。 

                                                     大阪精神医療センター 院長 岩田 和彦