ホーム > 病院概要 > 院長あいさつ

病院概要

院長あいさつ

ごあいさつ

  当院は、大正15年に大阪府立中宮病院として開院しました。平成15年に大阪府立精神医療センターと改称し、平成25年4月に新病院での診療を開始しました。

 統合失調症、躁うつ病、児童思春期(発達障害・児童虐待など)、薬物依存症(覚せい剤・危険ドラッグなど)の治療をはじめ、24時間365日対応の精神科救急医療、措置入院、医療観察法入院、難治性統合失調症・重症うつ病などの治療、精神科リハビリテーションや、地域の関係機関と連携した訪問看護や出向いていく医療を展開し、早期治療・社会復帰・自立と社会参加の支援にも積極的に取り組んでいます。臨床研究と新たな治療モデルの提供、医療従事者の研修・教育を通じて医療水準の向上と人材育成に貢献してまいります。

 今後とも大阪府の基幹精神科病院として、みなさまからこの病院で治療を受けてよかったと思っていただけるよう、信頼される質の高い医療を提供してまいります。

  

 

大阪精神医療センター 院長 籠本 孝雄