ホーム > ご相談窓口 > よくあるご質問

ご相談窓口

よくあるご質問

Q1 どのようなご相談で来られますか?

  • ・患者さまやご家族の病気について
  • ・障がい年金・障がい者手帳・自立支援医療など諸制度について
  • ・通院に関することや、入院・退院・転院に関することについて
  • ・医療費に関することについて
  • ・その他
     

など、さまざまな事柄についてご相談に来られています。
わからないこと気になることなどがありましたら、なんでもご相談ください。
地域連携・医療福祉相談室へリンク

 

Q2 どのような医療費の補助を受けることができますか?

外来受診のときは自立支援医療(精神通院公費)制度を、入院されたときは高額療養費制度(限度額認定手続き制度)をご利用いただけます。
また、低所得世帯の場合、食事療養標準負担額の減額を受けることができる場合があります。
これらの制度をご利用いただきますと、医療費の窓口負担金を軽減できることがあります。詳しくは下記をご覧ください。
 

その他の制度(精神障がい者保健福祉手帳、入院時食事療養費減額制度)

 

Q3 入院中はどのような治療をするのですか?

治療には薬物療法や精神科リハビリテーション等いろいろな方法がありますが、一人ひとりにあった治療を組み合わせて行います。詳しくは下記をご覧ください。
入院中の治療についてへリンク

 

Q4 退院後の治療は必要ですか?

病気の再発や再入院を防ぎ、退院後の生活を支援するための訪問看護やデイケア(昼間通所治療)があります。
ご希望の方は主治医、看護師等にご相談ください。

Q5 入院中に困ったとき、誰に相談すればいいですか?

わからないことや不安なことは、ご遠慮なく主治医・看護師・ソーシャルワーカーにご相談ください。
この他に作業療法士、心理士、薬剤師、検査技師、給食スタッフ、看護助手など病院で働く全職員が患者さまの回復のお手伝いをいたします。

このページのトップヘ