ホーム > ご相談窓口 > 精神訪問看護について

ご相談窓口

精神訪問看護について

在宅医療室ってなにをするところなの?

病院を退院された後、あるいは外来通院されている方が、安心して治療を継続しながら快適な生活を送ることが出来るように看護師・ソーシャルワーカー・作業療法士などが、ご自宅に伺って日常生活への支援を行っております。

 

どのような方が利用できるの?

  • ・生活のリズムが安定しない方
  • ・自分の気持ちをうまく伝えられない方
  • ・家族が病気の再発を心配している方
  • ・話し相手がいなくて寂しい方
  • ・身の回りのことや家事などがうまくできない方 

    主治医または在宅医療室にご相談ください。訪問についてのご説明を致します。

  •  
  • 訪問日と利用時間

    訪問日: 月曜日~金曜日(祝・祭日を除く)
    利用時間: 午前9時~午後5時頃まで

  •  

  • 訪問看護ってどんなことをするの?

    健康面

    • ・健康状態の観察や、ご相談をお受けします。
    • ・服薬の方法の説明、管理をさせて頂きます。
    • ・不安・心配事・悩みについてのアドバイスをさせて頂きます。
    • ・合併症のご相談をお受けします。
    •  

    生活面

    • ・整理整頓・清潔保持等の援助をさせて頂きます。
    • ・金銭管理の指導・アドバイスをさせて頂きます。
    • ・生活全般(買物の方法・ゴミ出しや処理の仕方・近所との付き合い方。
    • ・押し売りや来客者への対応など)に関するアドバイス。
    • ・公共料金の支払いや手続き、銀行や郵便局などの利用方法についての援助。

     

    社会面

    • ・地域活動
    • ・支援ネットワークの利用

     

    医療面

    • ・ご家族からの御相談をお受けします。
    • ・医師との連絡・調整を行います。
    •  

    限度以上のようなサービスがありますが、健康面、生活面、制度面、ちょっとした不安や迷い、困ったことなど何でもご相談に応じたいと思っています。
    より良い生活が送られるために、共に考え共に行動し共に喜びを感じていきたいと考えています。
    ひとつでも在宅生活に楽しみが広がれば幸せと感じ、今後も訪問看護を行いたいと思っていますのでまずはお気軽にご相談ください。

  •  

  • 訪問看護の手続き

    • ・主治医や医療福祉相談室にご相談ください。
    • ・ご本人、ご家族と話し合い、訪問看護を決定します。
       

    在宅医療室(別ページが開きます)

 

このページのトップヘ