ホーム > 治療を受けられる方へ > 精神科デイケア

治療を受けられる方へ

デイケアとは

外来通院中の患者さんを対象に昼間の一定時間をプログラムに沿って楽しみながら仲間やスタッフとともに、

 

  「生活リズムを整える」

  •   「仲間づくりの中で主体性と協調性を養う」
  •   「社会参加のための体力と作業能力の向上」
  •  

 などを目標に、自立した生活や社会参加を目指しています。

 

対象となるのは

  ・日中の過ごし方を身につけたい方

  ・家から出て活動の場を持ちたい方

  ・人とうまく付き合いたい、友達が欲しい方

  ・自信をつけたい、仕事に就きたい方

 などです。

 

「デイケア」と「ショートケア」について

 1日(概ね6時間)参加する「デイケア」と、午前中もしくは午後の半日(概ね3時間)参加する「ショートケア」の両方を実施しています。主治医やデイケアのスタッフと相談の上、どちらに通所するのかを決めていただきます。

 

スタッフについて

 精神科医師、看護師、作業療法士、精神科ソーシャルワーカー、心理士などが担当しています。

このページのトップヘ

デイケアセンタープログラム

通所期間 原則として6ヵ月としますが、必要に応じて延長します。

 

通所日・時間  通所日 : 平日の5日間(祝日及び年末年始を除く)
  時   間 :  午前9時~午後3時

         「デイケア」    ⇒ 午前9時~午後3時

         「ショートケア ⇒ 午前9時~午後12時 又は 午後12時~午後3時

 

費用デイケアに要する費用
 再診料と精神科デイケア料もしくは精神科ショートケア料が毎回必要ですが、各種健康保険が適用されます。
 自立支援医療費(精神通院)支援制度を併用されますと自己負担が軽減されます。
 (詳しくは、医事会計窓口またはデイケアセンターまでご相談ください)

 

活動に要する費用
 材料費、レクリエーション活動、社会見学などに要する費用は一部自己負担になることがあります。

 

交通費
 通所に要する交通費は原則自己負担です。

 

昼食
 デイケア(1日)で参加された方は、昼食が提供されます。昼食代は医療費に含まれます。

 

通所のご相談 主治医にご相談ください。

 詳しくは、デイケアセンターまでお問い合わせください。

このページのトップヘ

プログラム内容

 【月間・年間プログラム】

  社会見学、宿泊活動、季節に応じたプログラムなど

 

 【週間プログラム】 

   農園芸、パソコン、陶芸、料理、SST(生活支援技能訓練)、リラクゼーション、心理教育、音楽、スポーツなど

            2018年5月~   
     
  午前 9:30~ ミーティング  
  リラクゼーション※ 暮らしの知識 全体ミーティング カラオケ 心理教育  
    書道※
(2・4週)
音楽※ 陶芸※    
  農園芸 農園芸 農園芸 農園芸 農園芸  
  創作/パソコン 創作/パソコン 創作/パソコン 創作/パソコン 創作/パソコン  
      昼        食  
  午後 13:00~ ミーティング  
  HOP STEP STEP
(ディスカッション・SSTなど)
料理 女子会/アートセラピー
(隔週)
料理 スポーツ※  
  のらりくらり アートフラワー※
(1・3週)
ボディーワーク 認知機能
トレーニング
 
  おしゃべり 創作/パソコン  
  創作/パソコン 創作/パソコン 創作/パソコン 創作/パソコン  
    ※印のついているプログラムは講師の先生が来てくれます。      
    社会見学や院外レクなどは必要に応じて設定します。      
    不定期で特別プログラムが開催される場合があります。      
    プログラムの詳細はインフォメーションボードをご確認ください。      
    第3水曜日11:00~11:30 管理栄養士による『栄養バランス講座』があります。    

このページのトップヘ