ホーム > 治療を受けられる方へ > m-ECTについて

治療を受けられる方へ

m-ECTについて

修正型電気けいれん療法について

修正型電気けいれん療法:m-ECT(modified Electro Convulsive Therapy)について

 電気けいれん療法(ECT)は、古くから行われてきた治療法の一つです。当センターでは、全身麻酔薬と筋弛緩剤を使用して、施術による苦痛や身体的けいれんを緩和した、修正型の電気けいれん療法[modified(修正された)-ECT]を行っています。

 具体的には、静脈注射によって全身麻酔を行い、筋弛緩剤を投与したうえで頭部に電極をあて、数秒間電気刺激を与えます。電気刺激により脳内に治療的影響を与え、治療効果を得るものです。(施術に必要な時間は、約20分です)この治療は、週2回行い、1クール6回から12回を目途としています。(つまり、3W~6Wの治療期間)

 

 

安全性について

 m-ECTの死亡例は低く、欧米のデータで1万人に1人、8万治療回数に1回とされています。これは、通常手術の全身麻酔の危険率や抗うつ薬服用中の死亡率より低いとされています。また、事前の検査や麻酔科医の診察を行うなど安全には最大限の配慮を行っています。

 

 

治療の対象となる方・効果について

 当センターでは、入院中の患者さまの中で難治性の統合失調症、うつ病、緊張病状態等の方を対象に行っております。

 効果については、この治療を行うことによって退院された方もおられますし、うつ状態の改善が見られた方もおられ、有効な治療法であると言えます。しかし、他の治療と同様に効果のある方もいれば、効果がわずかであったり、全く効果がない場合もあり得ます。また、すっかり回復したにも関わらず、病状が再燃する方もおられます。

 詳しいことは、診察時にお尋ねください。

 

 

治療の流れ

●入院したのち、必要な事前検査を行います

●治療前日21時から絶食とします

●当日朝に点滴ラインをとります

●静脈麻酔薬、筋弛緩剤、100%酸素投与を行います

●頭皮上より数秒間の通電を行います

●麻酔から覚め、約2時間ほど様子を見てから自室に戻ります

このページのトップヘ