ホーム > 治療を受けられる方へ > 病棟のご紹介

治療を受けられる方へ

病棟のご紹介

東1病棟 精神科緊急救急病棟 男女閉鎖病棟

【対象者】

 急性に発症した精神疾患もしくは病状の急変により速やかに

医療を行う必要のある方

【看護の特色】 

 24時間365日体制で緊急の入院を受け入れています。多数の

医師・看護師が一丸となり、急性期症状に対して迅速に適切な援助を行っていきます。

 そして、良好な対人関係を築きながら、健康の回復と早期退院を目指していきます。

【アピール点】

 薬物依存症治療プログラムの『ぼちぼち』、心理教育の『Peach』を行っています。

東2病棟 高度ケア病棟 男女閉鎖病棟

【対象者】 

 統合失調症を中心とした新規入院の方や再入院の方

【看護の特色】 

 急性期を脱した入院患者さまの退院支援を他職種と協働で行っています。

 また、修正型電気けいれん療法(m-ECT)やクロザピンによる薬物療法など

新しい治療も積極的に行っています。

【アピール点】 

 SST心理教育として多飲水の患者さまへ『水プログラム』を実施

    患者さまが楽しく学べるように工夫を重ねています

東3病棟 総合治療棟 男女閉鎖病棟

【対象者】

 精神科治療の必要な高齢者の方、認知症の方、精神疾患を持つ結核発症の方

【看護の特色】

 高齢患者さまを対象としているため精神症状だけでなく身体症状(肺炎・糖尿病・高血圧・結核など)も意識してケアに取り組んでいます。

【アピール点】

 精神保健福祉士と相談して活用できる社会資源の提案や調整をおこない、家族や関係者の負担を少しでも緩和できるような準備を整え、患者さまに応じた退院・転院・施設移行に向けた支援を積極的に進めています。

  認知症患者さまにはユマニチュード的手法も試みながら、少しでも混乱や不安を軽減できるように関わっています

東4病棟 精神科急性期治療病棟 男女閉鎖病棟

【対象者】

 急性憎悪などにより速やかな治療が必要な方、社会生活が困難になった方、社会復帰の環境調整が必要な方

【看護の特色】

 症状が回復し速やかに社会復帰ができるよう、多職種(医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士・臨床心理士・薬剤師・栄養士など)で連携を取りながら援助していきます。

【アピール点】

 閉鎖病棟ですが患者さまが快適に過ごせるよう、アメニティとセキュリティのバランスを図り、少しでも安心できる治療環境を目指しています。

 また、病棟では3つのプログラムを行っています。

   ・『SLARI(すらり)』    生活習慣の改善を目指したプログラム

   ・『HARP(ハープ)』   アルコール依存症の治療プログラム

   ・『心理教育』            多職種による疾患を中心とした教育プログラム

 4階ですので景色がとても良く、バルコニーは開放感があります

西1病棟 高度ケア病棟 男性閉鎖病棟

【対象者】

 症状が重度で、治療反応性の乏しい方

【看護の特色】

 男性の閉鎖病棟で、医師や看護師などスタッフも全員男性のみの病棟です。

【アピール点】

 様々な精神症状を呈する方への、その人に合った看護をスタッフ間で話し合い、より良い医療・看護の提供を心掛けています。

 修正型電気けいれん療法(m-ECT)やクロザピンなど、新しい医療も行っています

西2病棟 高度ケア病棟 男性閉鎖病棟

【対象者】

 急性期症状の軽快した方、長期入院している方

【看護の特色】

 様々な症状がある方に個別性を重視した治療のもと看護ケアに努めています。修正型電気けいれん療法(m-ECT)やクロザピンによる薬物療法など新しい治療を安心して受けられるように援助しています。

 また、病棟でのレクリエーション・作業療法も行っています。スタッフは日常的な関わりを大切にし、和やかに過ごしていただく環境を提供できるよう努めています。

【アピール点】

 クロザピン療法に対し、看護スタッフがCPMS(クロザリル患者モニタリングサービス)のコーディネーター業務担当資格を取得して、日々の看護を行っています。

西3病棟 高度ケア病棟 女性閉鎖病棟

【対象者】

 他の医療機関では治療や対応が難しい方、急性憎悪の方

【看護の特色】

 修正型電気けいれん療法(m-ECT)やクロザピンなどの新しい治療やSST・アロマセラピーなども行っています。

【アピール点】

 女性の閉鎖病棟として、男性患者との関わりに不安のある方は安心して生活できます。

   女性スタッフが多いのも特徴です

西4病棟 総合治療病棟 男女開放病棟

【対象者】

 地域生活に向けて社会資源の導入・調整を行っている方、いつもより少し不安定で落ち着かない方の休息入院

【看護の特色】

 活発な院内外の多職種連携で支援!

 医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士・薬剤師・栄養士・心理士等がサポート

【アピール点】

 患者さまに応じた様々な病棟プログラム

  ・『さくら会』       病棟の患者会

  ・『なかよしクラブ』   協力しあって行うお楽しみ会

  ・『茶話会』        地域のサポーターも交えて地域生活を学ぶ

  ・『SST・心理教室』  人とうまく関わるコツ、情報を知り自己対処を学ぶ

  ・『ねっこグループ』  退院に向けた準備活動や生活支援・頭のトレーニング

  ・『院内外レクリエーション』  気分転換・社会見学活動

  ・『アロマとハーブの会』    香りでゆったり過ごす会

  

    ”地域とつながり また地域と暮らそう

                あなたの思いをサポートしていきます”