ホーム > その他 > 美術作品との「出会い」

その他

美術作品との「出会い」

美術作品との「出会い」

患者様が快適な空間のもとで治療に専念していただけるよう、また、

患者様や来院者の皆様に「癒しの空間」を提供するため、当センターで

は様々なアメニティーを高める取り組みを行っております。

今般、その一環として、大阪府の所蔵する美術作品を借り受け、セン

ター内に展示することといたしました。

 

設置場所:センター内の「不特定多数の人が利用する場所」

 

設置作品:大阪府所蔵美術作品  全38点

 

このページのトップヘ

作品の紹介

成人棟1階 外来の廊下

大きめの写真の作品が並んでいます。 

     診察室前にも色々作品があります。

     探検してみて下さい。

 

本館成人棟1階 待合ホール

長い廊下の入口です。 

     黄色ベースの作品の名前は「森へつづく」です。

     あっ、となりにかわいいカエルさんを見つけました。

 

児童思春期棟2階 廊下 (児童待合室から)

待合室にマッチした美しい作品です。

     パズルみたいです。

     見ているだけで、何だか楽しくなってきますね。

 

児童思春期棟1階 中庭廊下 (病棟入口前)

ちょっとコミカルな作品が、皆さんを迎えてくれます。

     けん玉?こけし?ヨット?ボクシングのグローブ?

     皆さんは何に見えますか?

 

スクランブルギャラリー

枚方市出身の田中幸太郎先生の花火の写真です。 

     幻想的で、本当にキレイですね。

 

 

病棟 面会室前

「皆さんへのお知らせ」と並んで写真が展示されています。

1990年に大阪・鶴見緑地で開催された国際花とみどりの展覧会会場内の「花博写真美術館」の展覧会出展作品の一部です。

皆さんはどの病棟の写真が好きですか?

  

このページのトップヘ

作品展示リスト

 

 

このページのトップヘ