ホーム > その他 > 精神科のお薬について

その他

精神科のお薬について

お薬の必要性、望ましくない副作用が出たときの対処法についてご紹介します。

 

なぜ、薬の服用が必要なのですか

  • ・薬の服用を続けることで、病気の症状が和らぎ、精神療法や作業療法が受けやすくなり、再発の予防効果が期待できます。
  • ・すっかり良くなっても自己判断で薬をやめると、多くの場合、再発します。
  • ・再発した場合、症状を改善させるために、より多くの薬が必要となります。

 

精神科の薬の副作用と対処法について

  • ・精神科の薬の主な副作用として、「口が渇く」、「便秘」、「眠気」、「手の震え」などがあります。
  • ・体の調子がいつもと違うなと感じたら、自己判断で薬の量を変更したり、中止したりせずに、主治医に相談してください。
  • ・ほとんどの副作用は、改善や予防が可能です。

 

このページのトップヘ