「依存症」から立ち直るための本|大阪精神医療センター

お知らせ

  • 受付時間

    精神科外来
    初診受付時間:8時30分~11時00分
    再診受付時間:8時30分~16時30分(予約制)

    児童思春期外来
    初診受付時間:(予約制)
    再診受付時間:8時45分~17時00分(予約制)

  • 面会時間

    9時00分〜17時30分

    入院されている病棟により多少違いますので、事前に病棟にご確認ください。
    また、病状により面会を制限させていただく場合があります。

  • 休診日

    土曜日、日曜日、祝祭日、12月29日~1月3日

    ただし、急患の場合はこの限りではありません。
    072-847-3261(代表)までお電話ください。

受付・面会時間
休診・代診
受付・面会時間 休診・代診TEL
CLOSE

『「依存症」から立ち直るための本』のご紹介

地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪精神医療センター編
「依存症」から立ち直るための本

一人で抱えこまないで。「やめたくても、やめられない…」
そんな依存症に苦しむ方に寄り添う一冊


誰もが発症する可能性のある「依存症」

正しく知ることが、回復へ導く一歩になる

薬物、アルコール、ギャンブル…… 特定の何かに心を奪われ、欲求が抑えられなくなる病気「依存症」。
依存症になってしまうのは、「精神的に弱いから」「意思が弱いから」。
このように思う方は少なくないでしょう。
しかし実はそうではなく、依存症に悩む人の多くは「このままではいけない」と分かっています。
ただ、病気のせいで自分が依存症であると認めることができずに症状が進んでしまい、一人で立ち向かうことの難しさから、何度も同じ過ちを繰り返してしまうのです。
一方で、少しでも早く治療につながれば回復が早くなることも事実です。そのためには、本人だけでなく、家族や友人など周囲の人たちにも、依存症についての正しい知識を持ってもらうことがとても重要です。
本書では、そんな依存症の正しい知識や治療法をはじめ、その後の生活を支える情報をお伝えします。
一人でも多くの人が「自分も回復できるかもしれない」と勇気を持って、回復への一歩を歩み出すための後押しとなることを願っています。

【目次】
 第1章 仕事、人間関係、子育てのちょっとしたつまづきが……
     「依存症」は誰でもなる可能性がある病気
 第2章 そもそも「依存症」とは?
     趣味との決定的な違いは「自己制御」ができるかどうか
 第3章 小さなことからコツコツと---
     ゆっくり確実に回復を目指す「治療」と「回復プログラム」
 第4勝 再発の壁を乗り越えるために
     家族や社会のサポートを得ながら社会復帰を目指す

発行:株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
発売:株式会社 幻冬舎            

正しい知識と適切な支援で回復できる。
依存症治療の専門医療機関が患者と家族に伝えたいこと。
『「依存症」から立ち直るための本 大阪精神医療センター編』
  >amazonで購入する

ゲーム依存症

大阪精神医療センターの依存症プログラム

アルコール依存症


ギャンブル依存症


薬物依存症



お知らせ一覧へ

看護師 採用情報
専攻医 採用情報
メディカルゲート
大阪府立病院機構

ページの先頭へ戻る