うつ病のくすり ~再発を防ぐために~

072-847-3261(代表)

コラム

  • 受付時間

    精神科外来
    初診受付時間:8時30分~11時00分
    再診受付時間:8時30分~16時30分(予約制)

    児童思春期外来
    初診受付時間:(予約制)
    再診受付時間:8時45分~17時00分(予約制)

  • 面会時間

    9時00分〜17時30分

    入院されている病棟により多少違いますので、事前に病棟にご確認ください。
    また、病状により面会を制限させていただく場合があります。

  • 休診日

    土曜日、日曜日、祝祭日、12月29日~1月3日

    ただし、急患の場合はこの限りではありません。
    072-847-3261(代表)までお電話ください。

受付・面会時間
休診・代診
受付・面会時間 休診・代診TEL
CLOSE

【NEW!】うつ病のくすり

薬剤師 四方 佳美

うつ病治療の中心

休  養 主治医の指導による、自宅療養・休職・入院など
薬物療法 うつ病は、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の薬物療法不足が関連していると考えられています。
うつ病治療薬(抗うつ薬)は、これら脳内物質を増やします。

当センターで処方される主な抗うつ薬

トフラニール、アナフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アモキサン、ルジオミール、テトラミド、トラゾドン

デプロメール、パロキセチン、パキシルCR、ジェイゾロフト、レクサプロ、トレドミン、サインバルタ、イフェクサーSR、ミルタザピン

くすりとしばらくのおつきあいが必要です

薬が効果を発揮するまで時間がかかる

十分な効果を発揮するまで、約2~6週間かかります。

長期間くすりを飲む必要がある

以前のような生活が営めるように回復しても、くすりを中止すると半年以内に再発することがあるので、再発を予防するために医師の指示があるまでくすりを飲む必要があります。

主治医の指示なしに、勝手に量を調節したり、中止したりしない

急に中止すると、神経のバランスを乱すため、頭痛や吐き気がしたり、情緒不安定になったりします。

副作用について

(個人差があります)

薬の効果より先に副作用が現れますが、自分の判断で飲むのを止めたりせず、
まず、主治医に症状を伝え、指示を受けましょう

■デプロメール、パロキセチン、パキシルCR、ジェイゾロフト、レクサプロ、 トレドミン、サインバルタ、イフェクサーSR

 →「吐き気」「気持ち悪さ」が現れることがありますが、1~2週間のうちに慣れてきて症状は治まってきます。

■トフラニール、アナフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アモキサン、ルジオミール、テトラミド、トラゾドン

 →「眠気」「口の渇き」「便秘」「尿が出にくい」「目がかすむ」等

■ミルタザピン

 →「眠気」「食欲亢進」等

コラム一覧へ

看護師 採用情報
専攻医 採用情報
大阪府立病院機構

ページの先頭へ戻る